既存バルコニーに新バルコニーをつないで拡張、ご家族憩いの場に

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

今回は、川崎市にて施工させていただいたバルコニー拡張工事についてご紹介いたします。

→ バルコニー拡張工事と書きましたが、実際はバルコニー新設工事の方が正しいかも

既存のバルコニーが手狭のため広くしたい、という施主様のご要望でした。

 

新バルコニーは、LIXILのビューステージH型です

既存のバルコニーが躯体のため、撤去して新しくバルコニーを設置するという従来の方法で施工することはちょっとムリそう…

ということで、既存バルコニーの正面部を処理(手摺等を撤去)して、そこに新しいバルコニーをつなぎ合わせるように施工させていただきました。

バルコニー奥のタイル調の箇所が既存バルコニーです

 

バルコニーの床を駐車スペースの屋根代わりにしたいとご希望でしたので、バルコニーを支える柱が駐車スペースぶつからないように馬梁で柱位置を調整いたしました。

駐車場とアプローチの雨よけに

バルコニーの床にはジョーブ床を採用、その名の通り丈夫な床です。

バルコニーでお子様のプール遊びができるようにしたいと伺っておりましたので、汚れに強く防水力も高いジョーブ床はうってつけではないでしょうか^^

タイル調で踏み心地がよいです

 

洗濯スペースを拡大するためにバルコニー上に屋根を設置いたしました。

最近の不安定な天候もこれで安心……台風などの強い雨風だとちょっと厳しいですが^^;

屋根材は暑さをやわらげてくれる上に透明性の高い熱線吸収アクアポリカーボネート、明るく過ごしやすいバルコニーに一役買ってくれています。

バルコニー屋根にはLIXILのスピーネF型を採用、これまでよりたくさん洗濯物が干せますね^^

 

今回は受注してからお引渡しまでかなりの日数がかかってしまいしたが、施主様には根気よくお待ちいただき、またその間に多くのアイディアやお心遣いを頂戴いたしました。

本当にありがとうございました<(_ _)>

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*

CAPTCHA