春近し…ですが、まだまだヒートショックにはご注意を

2月も半ばを過ぎて梅の花がほころんでたりで日中はだいぶ暖かくなってまいりましたが、朝晩はまだまだ冷え込みが厳しいですね…

今冬はエルニーニョ現象が云々で暖冬になると言われておりましたが、確かに昨冬のように水道管が凍結しまくることもなく、個人的には穏やかな?冬将軍様だった気がします。

→ 北日本では猛将と化した冬将軍様が大暴れの大寒波襲来……とにかく最近の天気は不安定です

そんな冬の楽しみといえば心身ともにほっかほかにしてくれるお風呂!

なのですが、寒いところから急に温度高めのお湯に飛び込むような入浴は極めて危険…いわゆるヒートショックを引き起こしてしまう可能性がありますのでご注意を……

熱いお風呂にザブンと飛び込むのはやめた方が……

 

ヒートショックは急激な温度差によって血圧が大きく変動することで心筋梗塞や脳梗塞などの健康被害を引き起こす現象です。

入浴中に亡くなる方は年に2万人近く(交通事故死亡者のおよそ4倍!)にものぼるという話ですが、その原因の多くがヒートショックによるものと考えられています。

寒暖差で血圧が大きく変動してしまう入浴方法として、

暖かい部屋 ⇒ 寒い脱衣所 ⇒ 寒い浴室 ⇒ 42度以上のお湯に即入浴……

みたいなパターンが考えられます。

→ 浴槽内でヒートショックが発生、意識を失って溺死してしまうとか

暖かい脱衣所で服を脱いで、暖房の効いた浴室で 38~40度程度のややぬるめのお湯に下半身からゆっくりとつかっていく…というのが望ましいようです。

…などと書いている私は、熱めのお風呂派で43度設定にしておりました……この機会に悔い改めます!

→ とりあえず41度くらいに下げてみようかな (-д-;)

ぬるめのお湯にゆっくりとつかるのが吉………

 

弊社でも浴室改修の工事を承りますが、システムバス施工の際にはヒートショックの危険性をお伝えして、浴室換気暖房乾燥機等の暖房機能を組み込むことを強くおすすめしております。

脱衣所(洗面所)の寒さ対策は、スペース的に小型の暖房器具に頼るのがよいかと思われます。

インターネット上で「おすすめ脱衣所暖房」をチェックしてみると、小型のセラミックファンヒーターやパネルヒーター、壁掛けのカーボンヒーター等いろいろ出てきて目移りしますね……

私は 300Wの超小型ファンヒーター(約2,000円)を脱衣所で使用しておりますが、効果はお値段なりです^^;

→ 手のひらサイズで洗面台に無理なく置けるのですが、いかんせんパワーが……

広い脱衣所だとエアコン設置なども考えられますが、昨年から販売されている壁付型暖房器具のクリナップHotウォールが好評でおすすめです…ヒートショック対策にも言及しています。

難点としては少々お高めなのと、スリムタイプでも幅44cm×高さ180cmのサイズなので、設置スペースを確保するのが案外難しいかもしれません…実際、弊社でもご希望されたお客様がいらっしゃいましたが、脱衣所壁の状況的に設置が厳しくて断念されることに(´・ω・`)

ただ、クリナップの営業さんが弊社を訪れて猛プッシュしていったように、とても優れた商品ですのでご興味を持たれた方はぜひご相談ください!

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*

CAPTCHA