住まいに関する話

スタッフ日記

いよいよ消費増税ですが、思ってたより…

連休明け早々、120円・140・205円切手(カタログや御見積書を郵送する際によく使います^^)を購入するために郵便局を訪れたのですが、

「10月1日からの消費増税で、郵便料金が値上げされます…なので対応する切手も……」

と、窓口のお姉さんから申し訳なさそうに言い渡されました(´・ω・`)

弊社の事務業務に影響大なのが以下の値上げです。

・ 定形郵便物25g以内:82円→84円、50g以内:92円→94円

・ 定形外郵便物:150g以内205円→210円

・ 通常ハガキ:62円→63円

他に速達や簡易書留なども微妙な値上げ…

今回購入した切手では205円だけが値上げ対象でしたが、正直なところ大量に買い込んである82円切手と62円通常ハガキをどうするべきか…

お姉さんに聞いたところ、それぞれ84円切手と63円ハガキに交換できるが交換手数料!が発生するので、1円切手や2円切手をいっしょに貼って対処する方がよいのでは?とアドバイスいただきました。ありがとうございます!

というか、このアドバイス聞いた時に 1円・2円・3円切手買っておくべきでした…なんとなく事務所にたくさんあるような気がしてたのですが、帰社してみると2円切手が2枚あるのみでした^^;

コンビニでは2円切手しか売ってないようなので、また日を改めて買いにいかないと…

郵便局様よりの料金値上げのお達し…1円切手と2円切手それぞれ50枚くらいは必要かな^^;

続きを読む

スタッフ日記

リフォームで相続対策は有効?

最近ラジオで「相続対策なら〇〇税理士事務所へ!」みたいなCMを耳にすることが増えた気がします。

→ ちょっと前によく耳にした、「過払い金請求は××法律事務所へ!」と似たような感じ…

平成25年の税制改正により相続税の基礎控除が大きく削減されたため、横浜市内に戸建住宅をお持ちの方などは相続税が発生する可能性がかなり高くなりました。

「〇〇税理士事務所のおかげですんごい助かりました!!」的なCMの是非はともかく、お子さんやお孫さんがおられる方は、相続に関して早いうちから税理士や弁護士、ファイナンシャルプランナーといった専門家に相談された方がよいかもしれません。

財産管理や相続対策、残される家族のためにしっかり準備……

続きを読む

スタッフ日記

空き家の解体番組を見て思ったこと

先週、フジテレビの「空き家、つぶします」という番組を視聴いたしました。

”ワケあり物件vs依頼殺到の解体名人” というコンセプトのもと、一流の解体屋さん達が匠の技術と解体用重機を駆使して難度の高い空き家解体に挑む、といった内容でした。

解体屋さん達の職人魂や多種多用な解体用重機の活躍にグイグイ引き込まれました、面白かったです^^

→ 途中、何度か平昌五輪に浮気してしまいましたが^^; 小平選手おめでとうございます!!

豪快かつ繊細な解体術、匠の「壊し」ですね

続きを読む

スタッフ日記

リフォーム紹介サイトの口コミ情報は信用できる?

先日、弊社が事業者登録しているリフォーム紹介サイト「ホームプロ」営業のKさんが販売促進の打合せのためにいらっしゃいました。

→ Kさんはハキハキとした笑顔が素敵な女性で、すらっとした美人さんです^^

ホームプロは、会員登録することでリフォーム会社を紹介してくれるサイトです。

こちらで概要などが説明されております。

営業さんは笑顔が大事ですね!

続きを読む

住まいに関する話

リフォームの見積り書ってどんな感じ? 

HPをリニューアルした効果がさっそくあらわれているのか、このところリフォームのお見積り依頼が頻繁に寄せられます。

ありがとうございます^^

まったりブログを書いている私を横目に、社長や営業のユリさんは事務所で一息つく間もなく現場調査にひっぱりだこです、今日も元気にいってらっしゃいませ!

続きを読む

法律や行政がらみの話

エコリフォームの補助金(住宅ストック循環支援事業)スタートしました!

以前こちらの記事で紹介した住宅ストック循環支援事業が本格的にスタートしました。

すでに補助金交付対象の工事も何件か完了(ありがとうございます!)して、ただいま事務のエビさんが交付手続きでてんてこ舞いの状態です^^

……もう少し、本当にもう少しでよいので手続き等をわかりやすくしていただけないでしょうか、国土交通省様(´;ω;`)

続きを読む

法律や行政がらみの話

ちょっとお得な、エコのリフォーム

エコリフォームの補助金制度である住宅ストック循環支援事業が始まりました。
住宅ストック=既存の住宅・循環=エコリフォームと捉えればわかりやすいかもしれません。

説明するとかなり長くなりますので、詳細を知りたい方や興味をお持ちの方は下記
住宅ストック循環事業のHPをご参照ください。

続きを読む