GW直前のやり残し、緑の脅威とタヌキのすみか

今年も気がつけば4月の後半、皆さん大好きなゴールデンウィークまであと少し^^

ありがたいことに仕事が途絶えることはなく、社長から大工さん・営業・事務、そして雑用係の私までもがてんてこ舞いの日々を送っております、ありがとうございます!

とはいえ、やはり忙しいと余裕がなくなり心が荒みがちになるもの…そんな器の小さい私を癒してくれた裏の林であでやかに咲き誇っていた桜の花は、怒涛のように吹き荒れた連日の強風ではかなく散ってしまいました(´・ω・`)

そして葉桜となった今は、風が吹くたびに力強く伸びた枝が事務所の壁や屋根にゴツゴツぶつかり、壁際デスクの私の心を容赦なく削っていきます(-д-;)

完全に事務所に接触してます^^;

枝切れよ!とそこかしこからごもっともなご指摘が飛んでまいりますが、下からだと微妙にハシゴがかけにくい、屋根からだと微妙に手が届かない、クモの巣が微妙にすごい、私の腰が微妙に痛い等、微妙に微妙な理由を重ねて手をこまねいております……大工さんにお願いしたいけど「お前の仕事だろ!」と叱られそう…

 

とりあえず林から目を背けてはみましたが、木工所横の竹薮もすごいことになってました…

掃き出し窓の向こうに広がる壮大な緑…

恐る恐る窓を開けてみました、地面が見えません(泣)

「一刈りいこうぜ!」

と、某国民的大ヒットゲームのキャッチコピー風に己を鼓舞し、勇気を振り絞って掃き出し窓を開けてはみたものの…圧倒的草力の前に心が折れて、一歩も外に踏み出すことなく引き返すことに……大工さんにお願いしたいけど「いいかげんにしろ!!」と叱られそう…

 

すっかり魔境と化してしまった竹薮ですが、2月頃からしばらくの間、タヌキのカップルが生活しておりました。掃き出し窓ごしに見せる愛らしい仕草でたちまち弊社従業員たちのアイドルに! かわいいけど害獣なんですよね…

ちょっと見にくいですが、柿本ホームに在住していたタヌキです^^害獣だけど見てる分にはかわいいです…

タヌキたちの愛くるしさに癒されつつも、笹竹や雑草がどんどん生い茂ってきたので、社長に草刈の是非を確認いたしました。

「タヌキいますけど、草刈った方がいいですか?」

「うーん、まぁ巣立ちするまでほっといてやれ。かわいそうだろ」

了解して去ろうとすると、

「この優しい発言はちゃんとブログに載せとけよ!だいたい俺の優しさを示すエピソードが少なすぎだろ!おかしくない?」

と、指示とクレームを承ったので、とりあえず掲載しておきます。

ちなみにこのタヌキのカップルですが、もっと近づいて写真を!と欲張った社長が掃き出し窓を開けてにじり寄った際にタヌキたちがパニックを起こして一目散に逃走、そのまま戻ってきません(´・ω・`) 優しさとはいったい………

 

最後にこちらは現場調査に赴いた川崎市麻生区某所にて、社長が撮影した赤ちゃんタヌキです。

親タヌキも近くにいるのかな?

見た目はかわいいし人懐っこいタヌキですが、ペットにしてるって話は聞いたことないのでちょっと調べてみました。

ニオイがとてもきついらしいです…窓越しに見てたので気付きませんでした(社長は近寄ってましたが)。

そもそもペットショップで販売してないので、飼おうと思ったら自分で狩猟が解禁されている時期に捕獲するしかないとか…まさしく「一狩り〇こうぜ!」の世界ですね^^;

というか、いつまでも現実逃避してないで、ゴールデンウィーク入る前に 「一刈り」 しないと……

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*

CAPTCHA